最終回   

どうもこんばんわ、板東です。「24」を見ながらの更新です。ジャック・バウワー、かっこよすぎじゃ~。とうとう明後日、最終回です。


僕達モノクロフィルムはといえば、一昨日最終回を終えました。そう、一昨日のラストライブ、無事に終了しました。最後のライブは、たくさんの人が僕達の音楽を聴きに来てくれました。本当にありがとうございます。その感謝の気持ちを言葉では言い表せなかったぶん、25分間、僕らの歌に、音に、その気持ちを乗せて、精一杯伝えようと努力したつもりです。練習不足が露呈されたライブでしたが(なにせ、前日に練習したのも20日ぶりでしたw)、今までやってきたなかで、一番楽しかった。心からそう思えるライブが最後に出来て、本当に満足してます。そしてその瞬間を見ていただけて、本当に満足しています。何だろう、今更になってから「ああ、解散したんだな」という実感が沸いてきて、少し寂しい気持ちもあります。


当初、解散についてのコメントは、MCでは言わないでおくつもりでしたが、幕が上がって見下ろしたフロアの、予想以上に多かったお客さんを見て、「挨拶しないわけにはいかないな、こりゃ」と心変わりしてしまい、決意の弱かった僕はとうとう長々とコメントしてしまいました。でもあの場面で喋ったとおり、バンド活動していくことで素晴らしいと思ったことは、バンドをしていく中で色々な出会いがあり、たくさんの人達とつながっていられたことです。その中で僕らは心地よく音楽に没頭していられました。


僕らが曲を創り音を鳴らす、それにお客さんが応えてくれる、そしてその反応に僕らもまた曲を創り音を鳴らす― その繰り返しで、僕らもこの1年、続けてこられたと思います。聴いてくださる方々のおかげで、僕らはモノクロフィルムでいつづけることが出来たと思ってます。本当にありがとうございます。


これまでを振り返ってみようにも、簡単に振り返れてしまうほど、本当に短い活動期間でしたが、内容の濃く、それなりに充実した一年でした。ともに音を奏でてくれたメンバーにももちろん感謝してます。僕の作った曲があれだけ輝いていられたのは、他の誰でもない、メンバーのおかげですから。本当にありがとう。メンバーとはもうモノクロフィルムとして、育ててきた曲たちを奏でることは出来ませんが、これからはそれぞれの道を、胸を張って歩いて行ってほしいです。そしてその道を歩いている途中で、たまにモノクロフィルムのことを思い出してくれたらいいな。もちろん、皆様も同じです。これからの暮らしの中で、たま~に思い出してくれたら僕らも嬉しいです。


これを書いていて、「さっきからありがとうって書きすぎだな~」って思いながら書いてますが、でも本当に思ったことなんです。それはわかっていただきたい。皆様に支えられ、歌を唄っていられた。歌うたいとして、これ以上幸せなことはないです。本当は「ありがとう」というたった5文字の容量に、僕らの気持ちをおさめることなんてできないのです。それを少しでも補うために、僕は歌を歌っていたんだと思いますね。それが少しでもあなたに届いてくれていたらいいな。


個人的なことですが、これからまた別のバンドで歌を唄わせてもらいます。モノクロフィルム以上に応援していただけるように、また頑張ろうと思います。興味のある方はどうぞ。


→新しいバンドはこちら←(徐々に活動していきます。)


書き出したらキリがないからそろそろ終わろうと思います。今まで、本当にありがとう。
また会いましょうね!僕はあなたに届くように、これからも唄い続けます。


p.s
11月2日にリリースされるコンピレーションアルバム、是非聴いてくださいね。毎日寝る前に聴いてください。


good night
[PR]

# by bambelievable | 2007-10-19 03:28

明日もいつもどおりに   

どうもこんばんわ、板東です。次第に、朝と夜、少し肌寒くなってきました。みなさん、体調崩してないですか?周りに風邪をひいた人が多いものでね。やはり健康でないと何も出来ないわけで。元気に毎日過ごせること、人間まずはそれが一番だと思います。


さて、明日(日付的には本日)。僕らのラストライブが近づいてきました。沢山の人たちが来てくれるようで、本当にありがたいことです。その感謝の気持ちをこめて、ではないですけど、まぁいつも通りに僕らの音楽を奏でるだけなんで、それを最後に目に焼き付けていただきたいですね。それでよろしければ、音源の方も持って帰ってやってくださいね。


今日(日付的には昨日)、最後の練習を終えてきました。いつもどおり雑談も交えながら、ラストライブのセットリスト、アレンジの確認。あっという間の2時間でした。ゆっきーが入ってから約1年、やっと1年経ったくらいなんですけど、まさかこんな早くにこの時を迎えるとは思ってもいませんでしたが、最後の練習は本当に楽しかった。このままの感じがライブで出来たら最高だなというくらいの時間でした。


それと同時に、練習室ともお別れでした。僕とひろゆきは修道大学のフォークソング部の練習室へは、約5年通い詰めたことになるわけですけれども、もうこれからはここで練習することはなくなるんだなぁと思うと、少し感慨深かったです。僕達を大きくしてくれた練習室ですからね。本当にありがとう、練習室。この練習室があったから、今の僕があると思ってます。


もうここまで来たら、楽しむしかないです。ほんま、マイペースなメンバーばっかで、どうしようもなくて、日記も全然更新しなくて、手こずってばっかだったけどw何だかんだでいいバンドでした。関わってくれた全ての人達、本当にありがとう。最高にいい唄を歌って、モノクロフィルムを締めくくろうと思います。
[PR]

# by bambelievable | 2007-10-16 05:11

good night   

どうも、こんちゃ。板東です。あっという間に10月に入ってしまいましたね。10月に入ったというのにも関わらず、いまだ半そでで過ごせるっつーことに驚きを隠せません。小学生のころなんか、新学期にあわせて衣替えもしていたのに、その頃から比べると考えられないよね。それにしても、夜風が程よく冷たく心地いいです。これくらいの季節が、僕は好きだな。こんな夜は路上にでも出て、高らかに唄いたいです。


ホームページにも掲載しましたが、モノクロフィルムが参加しているコンピレーションアルバムが、11月2日にタワーレコード、HMV、新星堂など、全国のインディーズ取扱店でリリースされることになりました。その音源が今夜、とりあえず仕上がりまして、バイトから帰ってから早速聴いてみたんですが…非常にいいです。予想以上に素晴らしい出来です。これを聴きながら日記更新してます。非常にグッジョブなメンバーにも聴かせてあげたい。これは是非皆様にも聴いていただきとうございます。懐と相談されて、余裕がございましたら是非ご購入いただきたいです。よろしくお願いしますね。


ラストライブも近づいてきてます。10月16日(火)@広島ケイブビーにて、sawさんのイベントに参加させてもらいます。多分、「今日で僕ら、解散します」みたいなMCもしません。言わなくてもわかってる人もいるし、何の思い入れもなく純粋に聴いて欲しいので。当日初めて出会う人には申し訳ありませんがw時間があったら是非お越しくださいね!


何かが始まり、そして終わっても。何かが終わり、そして始まっても。今日という一日は過ぎて、やがて明日はやってくるんです。そうやってみんな生きてるんです。今日よりも明日が、また素晴らしい一日になるように生きていくだけです。今夜も明日を夢見て眠るだけです。呼吸をして、遠くにいる誰かを愛して、目に見えない何かを信じて、時間が行き過ぎるのを待つ、ただそれだけのこと。
[PR]

# by bambelievable | 2007-10-03 03:03

今夜は君の夢が見たいな   

さてさて、やっとこさ落ちついたので、日記の更新とでもいきます。


なんといっても書き出しは、9月22日のミスチル@広島ビッグアーチでしょう!!
いやぁね、生憎の雨模様でしたけれども、最高のライブでした。やられました。よかったな~。アルバム中心のセットリストで攻めてくると思いきや、むしろアルバムの曲はあまりやらず、昔大ヒットした曲や巷で名曲と呼ばれている曲を、全くアレンジを変えて演奏していました。そこがまた良かったです。

やっぱりプロって何から何までプロだなと。楽曲もさることながら、バンド演奏している後ろで流れている映像やら、演出に合わせての照明やら、全てが合致して、初めてあの感動が生まれたんだな~と。しかもあんな天気のなか、ミスチルのために4万人以上が集まるんですよ。すごいです。何か、言葉にしづらいところが歯痒いですが、そこのところは許していただきたいです、すいません。

好きなアーティストがライブするから、新譜出すからといって、僕は、まるで信者かのように、そのアーティストを褒めまくるっていうことを絶対したくはなくて、どこか否定(言い方が悪いんだけれど…)出来るような自分で居たいなと思う人なんだけど、今回は本当に非の打ち所がなくて…。そこがまた悔しいですけれど、これが彼らのスタイルなんだな~。また絶対ライブ来ようと、今回もまた思いました!!



さて、その翌日。高校時代の野球部の親友がこの度めでたく結婚するということで、その結婚式に出席してまいりました。着慣れぬスーツ、締め慣れないネクタイ、毎回手こずるなあ。さあ向かおうと思ったらまさかの大雨。前日のミスチルのライブでの大雨といい、結婚式といい、ほんと、僕ぁことごとく雨降らすなぁ。渋滞に手こずりながらも何とか予定の時間に会場へ。休日だったからか、結構な人数が会場に入ってました。予想していた以上に、綺麗できちんとなった会場でしたし。

前回ここに書いたように、野球部としての出し物で僕は歌を歌ってきました。陣内&紀香の披露宴を超えるべく、コブクロの「永遠にともに」を選曲w 何の段取りも知らされていない上に、僕は結婚式に出席するのは今回が実は初めてだったので、みんな以上に(下手したら新郎新婦よりもw)緊張しておったと思うんですが、予想以上の大反響で、いい唄が歌えたと思います。新郎の親戚などに、これから歌を歌わないといけないのに、ガンガンとお酒を飲まされ、危うく歌が歌えなくなりそうでしたがw

なにもかもひっくるめて、本当にお世辞ぬきで素晴らしい結婚式でした。他の友人が僕らとは別の出し物でパンツ一丁でダンスをしたり、新婦が両親、新郎の両親に宛てた手紙を読むシーンや、友人である新郎のしっかりとした挨拶や、笑いあり涙ありの素敵な披露宴でしたよ。そのあとの2次会でもガンガン飲まされ、頭もガンガンでした。友人を歌で祝福できたし、高校時代の野球部の仲間達にも会えて、本当に内容の濃い一日になりました。本当におめでとう。


そして26日は、センチラインさんのレコ発。僕らはやっとこさ音源を持ってくることが出来まして、楽しくライブできましたよ。新曲も好評でしたし、何よりMCが順調でした。。。(ほっ。)対バンの皆さんも本当にそれぞれが個性的で、魅力的で、素晴らしい人たちとライブできたな~と思います。皆さんいい人たちだったし、本当に嬉しかったな~。センチラインさんも本当にいい人たちでした!ライブ後にお褒めのお言葉を頂きまして…。CDが欲しいというので、お渡ししました。ありがとうございました!こういうところから考えると、やっぱ解散って辛いな~と感じます。勿体ないな~って思っちゃうけど、それでも仕方ないんです。

今回、僕らはトリでして、物販の時間も少なかったんだけど、予想以上の大反響で、(無料配布だったこともあるだろうけど)あっという間に音源完パケ。たくさんの方々が持って帰ってくださいました。本当にありがとうございます。感謝です!逆になくなっちゃって、今回は残念ながら手に入らなかった方、申し訳ないです!次回のライブでは倍の数持って行きますので!ありがとう!


残すところ、あと1回。泣いても笑ってもあと1回。まあ最後だからといって、特別に飾らず、今までどおり楽しくライブするつもりです。時間があったら見に来てくださいね!
[PR]

# by bambelievable | 2007-09-28 03:04

古田監督も退任を表明したことですし、   

モノクロフィルムもとうとう発表してしまいました。この日が来てしまったかぁ、そんな感じです。まぁ覚悟は出来ていたので、今回は全くショックではないのですが。


ホームページにも掲載しましたように、この度、長年コンビを組んできました、Ba.山下紘幸の脱退にともないまして、モノクロフィルムの活動を休止することに決めました。10月16日のsawさんのイベントを最後にライブは終了、その後、最後のレコーディングをやって、正式に解散という流れになりそうです。本当に突然の発表で申し訳ありませんでした。もう少し前から決めていましたが、東京ヤクルトの古田監督も退任を表明したことですので、タイミング的に便乗させていただきました。


そんな報告を知り合いにするたびに、「続けろ続けろ」と言われました。それでも、僕にとって、メンバーをとっかえひっかえチェンジして、バンドを続けるということに、あまり意味を見出せなかったのです。やはり、一人でも抜けてしまうと、もうそのバンドの名前を語ってはダメだと。この人じゃないと!と思って誘ったメンバーなら尚更です。脱退するのが他のメンバーだったとしても、同じ結論を出したと思います。


やはりバンドというものは運命共同体で。一人でもベクトルの向く方向が違ってくると、趣味でやってるバンドじゃない以上、もうダメなんですよ。このバンドを組もうと、現メンバーを集め、ここまで活動してきた(といっても、まだ一年経ってない…)僕からすれば、もちろん悔しい気持ちがほとんどです。このバンドの、さあこれからだ!って時です。おそらく応援してくださった方々からしたら「はぁ?」って感じだと思うんです。でもね、誰も悪くないんですよ。誰も悪くないから余計に歯痒い。ですが仕方のないことなのです。バンドは一人でやっているわけではないですから。人それぞれ、好きな食べ物が違うように、幸せを感じる瞬間が違うように、好きな音楽が違うように、これから歩いていきたい道というものも違うものなのです。それがこのバンドじゃなかった、それだけのことです。それはわかっていただきたいです。


正直、温度差というものは最初からあったのかもしれません。それを見て見ぬふりをしてここまできて、とにかく楽しめるように楽しめるように、僕はメンバーとバンドしてきました。わりとマイペースに活動してきたつもりですが、その中で本当にいい出会いばかりだったし、憧れのバンドさんとも対バンできたし、僕らにとって色々な意味でのチャンスみたいなものも多くありました。


しかしその中で、その温度差を確かに感じてしまってから、どうも上手く行かなくなりました。本当はメンバーに対して、(技術的なものではなくて、意識とかモチベーションの面で。)求めるものはもっと高いところにあったけれど、どうもそこまで届いてないな、と思うようになってきたところからも、いかに自分にとって、このバンドが本格的になってきていたかが明らかです。当初は、あと1年、ということで話がついていたのですが、思い出作りのためにあと1年グダグダやるのは僕はごめんだったので、今辞めるか、あと1年本当にがっつりとやるのか、今はっきり決めよう、ということで、話し合いの結果このような結論に至りました。どうにか、辞めないように辞めないように、自分の中で妥協しながら続けてきましたが、一人抜けたらもう終わり、今がいい区切りだな、と思い、今回の結論に達した次第です。


今までこのバンドをやってきて、それぞれ思惑は違っていたとしても、作ってきた音楽は本当に納得のいくものばかりで、まだ1年経っていませんが、そのおかげでそれなりに活動してくることができたなということは確かに言えます。なので、このバンドの解散で、その楽曲たちをもう楽しめなくなるということが、胸が苦しいところです。このバンドでやりたいなと思っていたことの、半分も出来ていないのが正直なところですが、それはもし僕がまたバンドを組むことになれば、叶う可能性はまだありますが、モノクロの曲をモノクロのメンバーと奏でることが、これからは出来なくなるというのが、一番の心残りです。なので、最後のレコーディングはメンバーと話し合って、納得のいく曲を収録してから、何の惜しみもなくひっそりと終わろうと思ってます。完成した暁には、是非聴いてやってください。僕らメンバーのことは忘れても、モノクロフィルムの曲だけは、微かにでも覚えておいて頂きたいです。


何だかんだで、モノクロフィルムというバンドを組んで、やはり何も間違いはありませんでしたね、それを一番思います。(名前も気に入っていたし。)今や僕の周りの人達は、このバンドを組んでいなければ出会えなかった人達ばかりです。ありがとうの一言に尽きます。本当にありがとう。もちろん、応援してくださった皆々様も、本当にありがとうございました。とりあえずあと2本、本当に楽しんでライブしたいと思います。(ちなみに、くしくもラストライブは、アバウターズさんの活動休止ライブと同じ日…。)メンバーのみんな、ありがとう。皆とバンドができて僕は本当に幸せでした。こんな僕に付き合ってくれてありがとう。あとの2本のライブとレコーディング、頑張ろうな。


あとの残り一ヶ月たらず。どうか皆さん、最後までよろしくお願いします。よろしければ、残り2本のライブの方にも足をお運びくださいませ。
[PR]

# by bambelievable | 2007-09-20 04:15

あの時あなたに出会えてよかった   

お久しぶりです、ばんびです。

なんだか、色々と放置気味で申し訳ありません!何だかんだで、更新しない間に、個人的に色々とありました。サンマリ見に行って感動したり、久しぶりに大学時代の旧友と飲んだり、岡山へ久しぶりに帰郷して、友達と飲んだり、軽井沢へ行きまして台風の被害に滅多打ちにされたり、携帯を変えたり。友達と会って話をする感覚をしばらく忘れておりましたので、なんかすっきりしましたね~。珍しく吐きそうになるくらいまで飲みました。うぇ。。。持つべきものは友、とはよく言ったもので。会って色々話をすると、本当にいい刺激になります。

そうそう、その話で思い出しましたが、来週高校時代の野球部の友達が、この度めでたく結婚するのですが、その結婚式で僕が歌うことになりました。親友の新たな門出、下手な歌は歌えませんね!今から気合が入っております!幸せになってもらうため、いい唄をプレゼントしてきます。また報告します。いや、それにしても、やはりバンドとバイトの生活だけではなく、環境に変化をつけたり、刺激を与えたり、息抜きをしなければ、これからのモチベーションの向上も、普段どおり順調な自分の維持も、あり得ないものだなと感じました。


さてさて、今日は、アクシデントにアクシデントが重なって、延び延びになっていたレコーディングをついに終えてきました!歌入れが出来ずじまいだったのですが、やっとこさ。。。いやぁ、またまたいいのが録れました。先日録り終えましたオムニバスの音源同様(こちらは11月くらいになる予定らしいですが)、こちらも早く聴いていただきたいです。何とか26日のライブに間に合わせたいと思ってます。しばしお待ちを!モノクロフィルムの温かさが感じられる、絶対いい音源だから!


世間ではもうとっくに夏休みが終わったんですね。季節がまた巡ってゆき、人もまた変わっていきます。時間が過ぎ、人もまた変わっていくのです。やたら結婚していく友達が増えたことで、最近それを感じてます。僕はどうだろう。少しは変われたのかなあ。


さよなら 僕らが寄り添いながら笑っていられた日々のランドスケープ
[PR]

# by bambelievable | 2007-09-15 03:49

終わりは始まり   

お久しぶりです。ばんびです。何だかちょっとだけ、太陽もお疲れ気味のようで。以前ほど暑くなくなったような気がしてます。まあ暑いのは暑いのに変わりはないんだけどもね!!もう少しで9月だから、もう少しの辛抱だ!早く涼しくなってほしいな。


日々を重ねていくたびに、色んな出来事もまた増えていきます。毎日、同じように繰り返していると思っていても、実はどこかで違っているものです。いいことと悪いことってのは、人間同じ数だけあるものだと美輪さんが言ってました。いいこともあれば悪いこともある、悪いこともあればいいこともある。大なり小なりではあるけれど、そのタイミングがそれぞれ違っているだけなんだと。そういう意味では、人間は平等なのだと。今日はいいことがなかったなと嘆く必要などなく、また明日も元気に生きていればいいのだ。


だからといって、別に世の中がどのようにして回っているかとか、そんなことは興味はなくて。ただ、僕が今日も呼吸をしていて、僕にとって大切な人達がこの世界のどこかで笑っていて、僕は君のことを思っていて…。僕にとって世界ってのは、そんな単純なことでよくて、そんな簡単なことで回っているものだと思ってます。


そんな自分の世界の中で、突然ふと何かが消えてしまうときもあって。先日、momiman generate'07をクアトロへ見に行きました。新曲よろしくツアー真っ最中のghostnote、そして短い間だったけどお世話になったPeacebadge cocoaのお兄様方が出演するってことで。ピースバはこのライブをもって活動休止。本当に残念です。もっと一緒にやって、もっと打ち上げとかで馬鹿やりたかったな~。最後とか全然関係なく、本当にいいライブだった。ライブを見るときは、腕組みをして会場の隅の方でひっそりと聴く僕が、思わず手を挙げてしまうほどの盛り上がり様。僕はたけさんのギターが本当に好きだったんだよな~。ギターの音色とかたけさんの弾く姿とか。彼らの生き様を、確かに見た気がしました。ライブが全部終わってから挨拶しにいくと、笑顔いっぱいでした。「今度はモノクロの番ね。」メンバーの皆さんがそう言ってくれたのが発奮材料になりました。もっと頑張らんと俺ら。


バンドの最後ってのは、音楽性の不一致とか、メンバーの都合とかでやむを得ず、とか、どういう形であれ、やはり寂しいもので、解散もしくは活動休止を決意した当の本人達からすれば、バンドを通じて今まで培ってきた経験や、育ててきた楽曲などを、以降手放して生活していかなければいけないことっていうのは、本当に辛いことなんですよね。僕はそんな経験したことないけど、呑気に、明日も元気でいきていればいい、なんてことを言える状況ではないわけであって。ファンとしても、当の本人達としても、すぐそこで鳴っていた音が聴けなくなること、自分が確かに歩んだ道の先を進めなくなること、どちらも心にぽっかり穴が空いたような…そんな感覚なんじゃないかな。


すぐそこにあるべきものが、すぐそこにある時は何とも思わないのに、いざなくなってしまうと本当に大事だったんだなと気付く。ずっとこのままでいたいというのは、こういうことなんだなあ。
[PR]

# by bambelievable | 2007-08-29 03:52

レコーディング終わりました   

f0037938_23425447.jpg

またまたご無沙汰しておりました。毎日暑い日が続いてますが、皆さんお元気ですか?


8月に入ってからすぐ行った、コンピレーションアルバム用のレコーディングも無事に終了!夜の11時からの予定が、押しに押して結局夜中の2時からになってしまいピンチでしたが、みんな頑張ってくれて、その日のうちに歌以外のものを録り終えました!いやぁ本当にいいのが録れたよ。是非みなさんに聴いてほしい。マジでいいから!!


レコーディングが終了し外へ出ると、8月6日の朝8時15分。ちょうど原爆投下された時間。平和祈念式典で鐘が鳴るのが聞こえてきたので、僕等も黙祷しました。あれから62年。こんな世の中にするために昔の人は日本のために戦って死んでいったのか、って言葉を、毎年この日に思うんだけれど、そこんとこはどうなのだろうか。そしてこの後日、絶対に泣いてしまうだろうから、見たくはなかったのに気付いたら見てしまっていた「はだしのゲン」も、本当にいいドラマで、色々と考えさせられました。生きるってことが当たり前ではなかった時代。液晶テレビも携帯電話も何にもない、今ほど恵まれていない時代であっても、家族と一緒に晩御飯を食べることや、大切な人と一緒に居られることなど、全てのことに幸せが溢れていて、そのことにいちいち「幸せだ」という実感が、今の時代より出来ていたのではないかと、思わざるを得ないような現代だと思います。僕みたいな小さな人間には、背負いきれないことばっかりだけど、平和学習なんて隣の岡山では一つもやってなかったし、人事のように見ている部分がまだあると思うんですよね。広島と長崎だけの問題ではなくて、日本全国が考えていかないといけないことだと思います。はい、少々遅い、平和に関する日記でした。


最近暑いですが、熱いといえば甲子園!あっという間に明日は決勝戦。しかも広島代表である広陵高校が本当に頑張って、決勝まで進出!いやぁすごいの一言。こんな暑い中、僕らがヒーヒー悲鳴をあげている間、彼らは笑いながら溌剌と野球をやっているんだから、尊敬に値しますわ笑 相手は佐賀北高校。甲子園で一勝もしたこともなかった高校が、開幕試合から引き分け再試合、さらには強豪・帝京高校をも下し、決勝まで登りつめてきました。勢いが違いますね。明日の試合が見物だわ!個人的には両方とも応援してた学校なので、両校とも精一杯やって悔いのない夏にしてもらいたいです。頑張れ!!


俺たちも頑張れ!
[PR]

# by bambelievable | 2007-08-21 23:42

夏バテとかけて、パンクしそうなタイヤととく   

f0037938_3291249.jpg

その心は、どちらもクウキ(食う気、空気)がありません。どうもこんばんわ。バンドウ師匠です。


そういえば、前から書こう書こうと思っていて、書くのをすっかり忘れていたんですが、以前日記に書きました、6月いっぱいで辞めると言ったバイト、辞めずに続けております(笑)「よっぽどいい条件を突きつけられない限り、この決意は揺るがない」みたいな事を書いたと思うんですが、結構いい条件を突きつけられたので、頑張って働いてます(笑)お騒がせいたしました。というわけで、バンド練やライブの日以外は、全部朝から夜までバイトという、相変わらずハードな毎日を送っておりますが、これも生活のため、自分が生きたいように生きるため。時間やお金に余裕がなくても、お蔭様で何かと意味のある、充実した毎日を送っている気がしてます。他に別に、なんの贅沢もいらないのだ。歌いたい歌が歌えて、会いたい人に会えて、一緒に居て楽しい人達と腹抱えて笑い合えて、これのどこが不幸せだろうか。顔立ちや服装や歩き方や、その人が放つオーラも全て幸せを漂わせていても、その人が幸せなのかどうか、本当はその本人にしかわからないものです。


話は変わり、とうとう明日は、コンピレーションアルバム用のレコーディングです。今からめちゃ楽しみで仕方ありません!こうやって僕らの音楽がまた一つ形になっていきます。ありがたいことです。とりあえず朝までコースなので、多少時間には追われると思いますが、メンバーと力を合わせて、ひとつひとつ集中して、自分達が自信を持ってオススメ出来るような音源にしたろうと、めちゃ燃えております。声も万全、あとは明日の夜を待つだけだ。頑張ります。


仕事で疲れたとしても、特にいい事がない一日があったとしても、僕は幸せに毎日を過ごしています。
[PR]

# by bambelievable | 2007-08-05 03:29

夏です   

いつの間にやら、遅めの時期に訪れた梅雨も明け、最近では尋常でないほどの暑さが続いております。開口一番になんなんですが、やっぱ俺夏って嫌だわ~。催し物として浴衣あり、花火あり、海水浴あり、四つの季節の中で最もいい季節だとは思いますよ?(花火大会行ってへんけどもやね!)

ただね…正直な話、臭い人っておるじゃん。俺、あれダメなんですよ。俺、絶対汗臭くなりたくないもん。電車に乗った時とかに、「あ、この人臭い…」って思われたくないもん。ってか、俺は臭くないのに「この人かな~、うわ~最悪」って思われたりするじゃん。(感覚としては、エレベーターの中で、僕じゃない誰かがオナラをした時の感じ。)勘弁してくれ~って感じです。気付いてくれよなぁ…。

しかし、こんな暑さじゃあ、体力の消耗も激しいわってもんです。バイトから帰ってから仮眠をとるつもりが、がっつり2~3時間寝てしまって、結局夜、寝なきゃいけない時間に眠れなくなるという悪循環を繰り返している僕です。ダメだな~。ますます夜行性に磨きがかかっていってます。今日は27時間テレビ明け&選挙の番組ばっかりでテレビつまらんし。ってか選挙行ってないし。住民票をこっちに移してないから岡山の選挙行かんといけんし。んなもん行っとれんし。


さてさて、27日の話になりますが、その日はライブを見に行きました。出演バンドは、いつもお世話になってますAbouTers、今回お誘い頂きましたsaw、大先輩break new ground、そしてその日を以って活動休止となったriddical art store。目当てのバンドが多くて、しかも全然ハズレじゃなかった一日、退屈せずにじっくりそれぞれのバンドの音楽が聴けて、大変有意義だった。特にこの日でもう見れなくなるリディカルは、本当にいいライブだったよ。偶然にも結構な回数対バンさせてもらって、ボーカルのダイスケさんとは最近仲良く話せるようになって、曲も本当にいい曲ばっかりで、僕が広島の中で注目していたバンドだっただけに、同じバンドマンとして、いちリスナーとして、今回活動休止ってのは残念だったけど、僕がバンドをやる中で少なくとも彼らの影響を受けたことは間違いないし、彼らが居てくれて本当によかったなと思います。終わりは始まり、とはよく言ったもので。これから歩む道が彼らの道だということだと思います。頑張ってください。またステージで会いましょう。いやあ胸が熱くなりました!最後にもう1回対バンしたかったなあ。。。


そうそう、胸が熱くなるといえば、高校野球ですよ、みなさん!!夏の甲子園にむけて、各地続々と代表校が顔を揃え始めましたけれども、岡山と広島はかなりの波乱でしたね!!

岡山では、今年も関西高校が行くと思いきや、岡山理大付。広島は結局広陵高校だったんですけど、決勝戦まで勝ち進み、広陵高校を最後まで苦しめた、まだ創部3年目の総合技術高校!とてつもない快進撃でした。決勝戦はバイトのお昼休みにテレビ中継を見ていたんですけど、本当にいいチームだったよ。常に全力疾走で、プレーひとつひとつに一生懸命だし、見ていて清々しかった。特別、三拍子揃ったような、センスが飛びぬけたような選手はいませんでした。でも、これが全員野球っていうんでしょうね、メンバー一人人が力をあわせて、ホームランで点を取るんじゃなくて、ヒットや四死球で繋いで繋いで、こつこつ点を取るような、もらったチャンスは絶対に逃さないチームでした!

こんな暑い中で、しかも決勝戦で相手は広陵なのに、笑いながら楽しみながら野球をやってました。延長戦の末、残念ながら4-3で負けちゃったんだけど、元気もらえました。これからが楽しみなチームです。お疲れ様でした!


もうすぐ、甲子園が始まります。プロ野球より断然こっちの方が面白いです。どこを応援するでもなく、とにかく高校球児が頑張ってる姿をテレビで見て、一人で、わ~わ~言うたろうと思います。


あぁ、夏って素敵。(この日記の書き出し以外は。)
[PR]

# by bambelievable | 2007-07-30 03:18